スキンケアに欠かせないもの

 スキンケアをする上で必要なものといえば「クレンジング」、「洗顔」、「化粧水」、「乳液(または保湿液)」この4つが挙げられます。

  「クレンジング」はメイクをした時にだけ行うもの、と思っている方がいるようですがそれは違います。クレンジングとはメイクだけでなく、肌に溜まった汚れも落としてくれる大切なものなんです。

  クレンジングで不要なものを取り除いた肌を「洗顔」で毛穴の奥まで洗っていきます。また、肌に残っていたクレンジングを洗顔できれいに洗い流すこともできます。

  まっさらになった肌に「化粧水」で潤いを与え、その与えた潤いを逃がさないように「乳液(または保湿液)」で蓋をします。これが基本のラインだと私は考えています。

「W洗顔」の必要性

 最近ではクレンジングと洗顔が一緒になったケア用品も出ていますが、私はそれぞれ別々に行う「W洗顔」をお勧めします。

  私も以前、クレンジングと洗顔が一つになったタイプの洗顔料を使いましたが、それではメイクを全て落とせません。いずれの商品もそうとは限らないと思いますが今のメイク方法、メイク用品を見てもお勧めは出来ません。

 毛穴レスという言葉と共に毛穴を埋めるタイプの化粧下地やファンデーションが多くなり、メイク方法もその過程を重要視しているように見えます。毛穴が見えなくなるということは毛穴に、肌に吸収されないものが埋め込まれているということですから、それをしっかり落とさなければ確実に肌トラブルを起こしますよね。

  また、クレンジングはお湯で洗い流す際にしっかり落とさないと、肌に残ったクレンジングが反対に肌を痛める結果にもなります。それを防ぐ為にもクレンジング後の洗顔が重要になってきます。

  クレンジングと洗顔、この2つをセットで行うことがスキンケアの第一歩として大切だと私は思っています。

 ただ、メイクをしなかった休日にまでW洗顔をとは言いません。クレンジングは汚れと一緒に潤いまで取ってしまうこともあるので、メイクをしなかった肌には不要だと思います。

  また、クレンジングも今は種類が豊富になっており、肌質やその日のメイクなどによって使い分けることをお勧めします。

【おすすめサイト】アルバイトと短期バイトの仕事と体験談・・・アルバイトの仕事情報が満載