クレンジングの種類

・ オイルタイプのクレンジング

  皮脂やしっかりメイク、毛穴に詰まった汚れも落とせるのが魅力です。最近では濡れた手で使用できるタイプも出ていますが、乾いた手で使用した方がクレンジング力は上がります。

  またこのタイプはクレンジング力が強い分、肌の潤いまで取ってしまう点もあります。脂性肌の方やメイクをしっかりする方にお勧めです。

・ ジェルタイプ

  みずみずしい質感でクレンジング力もあり、毛穴の奥の汚れまで浮かせて洗い流します。適度な潤いを残しながら、余分な皮脂を取り除いてくれるので混合肌の方にお勧めです。

・ クリームタイプ、ミルクタイプのクレンジング

  乾燥肌や敏感肌の方にお勧めなクレンジングです。 柔らかいテクスチャーで潤いを奪わずに肌の汚れを落としてくれます。オイルタイプやジェルタイプに比べるとクレンジング力が弱いので、マスカラなど落ちにくいメイクにはポイントタイプのクレンジングを別に使うことをお勧めします。

・ ウォータータイプ

  洗い流さず拭き取るタイプのクレンジングです。 コットンなどに染み込ませて使用します。化粧水のようなテクスチャーをしており、コットンに多く含ませるほど肌への摩擦も軽減されるので敏感肌の方にお勧めです。また、メイクをオフしながら潤いも与えてくれます。

・ シートタイプ

  オイル、またはウォータータイプのクレンジングが染み込まされたシートでメイクを拭き取っていく、使い捨てタイプのクレンジングです。

  洗い流す必要もなく、容器を開ければすぐにオフ出来る手軽さが魅力です。しかし使われているシートによっては、摩擦で肌を痛めてしまう可能性もありますので肌の弱い方にはお勧めできません。ポイントメーク専用のクレンジングとして常備しておくのにお勧めです。