メイク前のくすみ解消法

 肌がくすんだ状態のままメイクを行うと、どうしてもカバーしようとして厚塗りになってしまいます。そうならない為にもスキンケアでくすみを解消しておきます。

  くすみにも様々な種類がありますが、肌荒れによる肌の赤みやほてりにはやはりマスクによる沈静をお勧めします。無理に何かをするのではなく肌を落ち着かせてあげることが大切なので、朝の洗顔やコットンの使用を控えて使い慣れた化粧水でのコットンマスクがベストです。

 血行が悪くてくすんでしまう肌にはマッサージがベストですが、朝はそんな時間を取れない方が多いと思います。そんな時は、蒸しタオルで血行を促進してあげましょう。まず首から温め始めて、一度タオルを温め直してから顔に当てて温めます。首から温めることで色浮きを防止します。

  首や顔は肌が敏感なので、タオルを熱くしすぎないこともポイントの一つです。温かいと感じる程度で十分効果があります。

  また、蒸しタオル後は潤い補給をしっかりとしてあげてください。マスクをした上から蒸しタオルをしてあげると肌がふっくらとするので、乾燥肌の方にはおすすめです。

オススメ!
「medeep(メディープ)ナチュラルコットン」

  天然綿で作られた肌触りのいいコットン。大判タイプで伸びが良く、3枚に割いてコットンマスクをするのに最適です。